December 08, 2009

刀語

『拙者にときめいてもらうでござる!』

まって!ブラウザをとじないで!
ちゃんと真面目にやりますから!っていうか真面目にやってるんです、これでも・・・。

と、いうわけで昨日の続きでしたね。
えーっと、どこまで話したんでしたっけ?
そうそう!撫子ちゃんのスク水ぱねえ!でしたね。

とにかく素晴らしい・・・じゃなくてけしからんなでこスクールが終わりまして、
つづいて刀語のキャスト発表と軽いトークとサイン色紙抽選などなど。
とくに中の人に思い入れはないのでサラっと言ってしまいますと、
 鑢七花:細谷佳正
 とがめ:田村ゆかり
 鑢七実:中原麻衣
メインキャストはこんな感じ。ステージにゆかりんが出てくるときに、
『ゆかりーん!』
って紫色の声援が聞こえたけどそれはもはや想定の範囲内よね。

そんなこんなでトークなんかがあったりしていよいよ本編。

ナレーションからはじまるあたりはなんか時代劇っぽい感じが無いでもないけど、
やっぱり刀語は時代活劇の皮を被ろうとした何かですよね。

うん、間違いない。

そんなこんなで<以下略>

で、一通り視聴し終えてー。
・声は違和感なし。真庭蝙蝠さんのハマりっぷりは異常(CV:鈴木千尋)
・なんていうかアニメらしいアニメ。CGがないから?シャフトのあとに見たから?
・テーマソングみたいな曲がものすごく気になる。ちぇりお音頭(仮称)ととりあえず呼ぶことに。
・真庭忍軍のシルエットに全俺が期待した

と、まあこんな感じ?少ない上に適当でわかりづらいですよね、そうですよね。
でも、刀語はこんな風でいいと思うんですよ。化物語とは違うものだし。

まあね、ぶっちゃけると虚刀流とかわりかしどうでもいいんですよ。
真庭忍軍さえでれば!まにわにさんかっちょいい!

と、いうわけで真庭白鷺―逆さ喋りの白鷺に期待、超期待。
話によるとすでに4話までアフレコは終了しているらしいので、
そのうちこの白鷺さんの逸話とか錆白兵の男前っぷりとかが、
公式ページでも語られてしまうのではないでしょうか!
ああ、今から楽しみ!

ところで、細谷さんが
『アフレコ時の映像がフルカラーの本編に限りなく近い状態ですごい本気を感じます!』
みたいなことを言ってたけど、これってあれよね。

某シャフトに対するあてつけよね?・・・違った?

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔